スポンサーサイト

  • 2012.10.12 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    移動

    • 2012.10.12 Friday
    • 16:45
     お久しぶりです。
    ブログ移動しました。
    新しいブログは

    http://goldenicecream.wordpress.com/

    です。

    英語と日本語両方で書いていくと思いますので、良かったらチェックしてみてくださいな。

    久しぶりにここをのぞきにきてくれた皆さんがすばらしい日々を送っていることを祈りつつ。。。。

    Trailerというもの。

    • 2012.03.06 Tuesday
    • 15:51
    Trailer, 日本で言う映画の予告編ですが。
    私はこれがものすごく好きです。

    トレーラーを見ることによって変な先入観を持ってしまうので、
    見たくないという人がいるのはもちろん納得ですが、
    私は映画の予告としてではなく、作品としてトレーラーが好きなのです。

    トレーラーなんてただの映画の縮小版じゃないか、と思っている人も多いと思いますが、
    トレーラーの編集というのは、
    実は思っている以上に大変で、ものすごい技術がいるものなのです。

    というのも、トレーラーの仕事は
    1)ストーリーを大まかに伝える
    2)映画の雰囲気を伝える
    3)観客の興味をそそるシーンを見せる
    4)なおかつ大事なところは見せすぎない
    5)映画の醍醐味を2分30秒に詰め込む

    という条件を(本当はもっとあるけど)備えていなければいけない訳で、
    このバランスが大変難しい。
    トレーラーが秀逸すぎて実際の映画が全然だめな作品もあれば、
    映画自体はものすごくよいのにトレーラーがひどい作品もあったり。

    トレーラーが秀逸なのに作品自体は。。。。だった映画の代表と言えば
    Battle: Los Angeles
    邦題 「世界侵略:ロスアンゼルス大戦」(なんつー邦題。。。)
    興味のある方は下のリンクから見れます。
    http://www.youtube.com/watch?v=ORb3zC8z94w

    映画とトレーラーが全く合っていないのは、アメリカ版の
    「崖の上のポニョ」と「かり暮らしのアリエッティ」のトレーラー。
    アメリカ版のトレーラーは完全にアクションフィルム調になってます。
    ポニョのトレーラー
    http://www.youtube.com/watch?v=bskgNOXbdiE
    かりぐらしのアリエッティのトレーラー
    http://www.youtube.com/watch?v=Vp2nb9Vq0yY

    編集が違うだけで、こんなにも違う期待/思い込みをしてしまう。
    その力がすごい、と思うのです。

    トレーラーの編集というのは、映画本編ををまるまるもらってそこから編集するのではなく、
    配給会社、もしくはマーケティング部がまず吟味して選んだショットのみを渡されます。
    使う音楽も何曲かをピックアップして渡されるので、
    好きな部分を好きなように使っていい、という訳ではないんですね。
    使っていい台詞やアクションも決められていたり、
    何かと制限が多いなかでクリエイティビティを発揮しなければいけない。
    映画そのものの雰囲気を壊さずに、見せすぎず、それでも観客の興味をそそるショットを使わなければいけない。

    これは映画そのものを編集するのと同じぐらい大変だと私は思うのです。

    映画を、ストーリーのみならず雰囲気やテーマすべてを理解した上でしか作り得ないのがトレーラーなのです。

    私も何度かトレーラーやティーザー的なものを編集したことがありますが、
    脳が溶けるかと思うぐらい大変でした。

    だからこそ、トレーラーはそれ自体がアートである、と私は固く信じるのでした。

    私のお気に入りの秀逸なトレーラーのリストを載せておきます。
    興味のある方は見てみてください。

    The Girl with the Dragon Tattoo
    http://www.youtube.com/watch?v=WVLvMg62RPA

    War Horse
    http://www.youtube.com/watch?v=B7lf9HgFAwQ

    Inception
    http://www.youtube.com/watch?v=HPds4ADfmrM&feature=related

    The Woman in Black
    http://www.youtube.com/watch?v=TXXRS3Kghh4

    Inglourious Basterds
    http://www.youtube.com/watch?v=5sQhTVz5IjQ&skipcontrinter=1

    Oscar 2012

    • 2012.02.27 Monday
    • 17:11
     アカデミー賞が終わりましたね。

    予測通りThe ArtistとHUGOの一騎打ちになった訳ですが。

    残念ながら私がアシスタントした映画The Tsunami and the Cherry Blossomは短編ドキュメンタリー賞受賞にはなりませんでした。

    アカデミー賞にノミネートされたということ自体が非常に名誉なことなのですが、
    昨年もノミネートされながら受賞を逃した監督の気持ちを考えると何ともいえません。

    何はともあれ、
    この映画を応援してくれた皆さんに感謝です。

    皆さんのサポートがあればこそ栄誉ある賞にノミネートされることができました。
    ありがとうございました。


    ありきたりなことを言うようですが、
    この悔しさをバネにさらに努力を重ねて、次は賞を受賞する作品でまた仕事ができるようにがんばります。

    邦題拒否

    • 2012.02.22 Wednesday
    • 08:07
     

     もしかしたら前もこんなこと話したんじゃないかなあ、と思うんですが、

    とにかく納得のいかない邦題が、世の中にはあふれてるって話です。


    上の写真の映画、

    Tinker, Tailor, Soldier, Spyは、私にとってここ最近のなかでは一番のヒットで、

    映画館で3回も見ちゃったぐらいなんですが、

    この映画の邦題が

    「裏切りのサーカス」。


    馬鹿にしてるんですか、

    と声を大にして言いたい。


    だいたい「サーカス」って言われて何のことかわかる日本人なんて何人いるわけ?

    ゲイリーオールドマンがサーカスの団員になってがんばる映画だと思われたらどうしてくれるわけ?


    それでもってポスターに使われているタグラインが

    「一度目、あなたを欺く

    二度目、真実が見える」


    なにこれ?


    ちなみにアメリカで公開されたタグラインは以下

    The enemy is within.


    Trust no one. Suspect everyone.


    The secret is out.


    シンプルかつ音的にも美しいタグライン。


    それに比べて日本のタグラインどうなってるわけ?

    韻もよくなければストーリーについて何の説明にもなってないし。


    この映画に興味のある人のために説明しますと、

    「サーカス」というのは英国諜報部、MI6と呼ばれる組織で、

    ジェームスボンドが所属する政府組織でもあります。

    この映画は決してゲイリーオールドマンが黒ぶち眼鏡でサーカス団員としてがんばる映画ではありません。

    組織に潜むダブルエージェントを見つけ出すべくゲイリーさんが奔走する新しいタイプのスパイ映画です。

    この演技が認められて、ゲイリーさんはじめてオスカーに主演男優賞でノミネートされたのね。

    The ArtistのJan Dujardjinに負けるかもしれないけど、でも非常にいい演技してます。

    見てね。



    配給会社がアホな邦題をつけたせいでヒットしなかった映画ってたくさんあると思うのね。

    Napoleon Dynamiteだってすごく面白い映画なのに、当時はやってた「電車男」の影響で何を思ったか配給会社が「バス男」っていう邦題をつけたおかげで、ツタヤのものすごい端の方におかれることになってたし。

    ジェットリーとモーガンフリーマンががんばってた映画Unleashedもダニーザドッグ(ダニー、犬)ってタイトルにされてたし。


    アホな邦題をつける人たちには、あなたは本当にこの映画を見て理解したんですか、と問いたい。

    邦題会議に出席して、そこにいるセンスのない人々を罵倒したいです。


    ちなみにかりぐらしのアリエッティの洋題は

    The Secret World of Arietty

    これにも納得のいかない私。

    タイトルはそのままにしておくべきだ、と私は思います。

    何語だろうと。



    あ、ちなみに後数日でオスカーですね。

    はたしてThe Tsunami and the Cherryblossom

    (邦題「津波、そして桜」これにも納得のいっていない私)

    は賞を取るのかどうか。

    楽しみ楽しみー。

    オスカーにノミネートされました。

    • 2012.01.25 Wednesday
    • 06:39
     

    私がアシスタントエディターとして関わった映画
    The Tsunami and the Cherryblossom
    が、2012年のアカデミー賞、
    短編ドキュメンタリー部門に正式にノミネートされました。
    ノミネーションは本日発表になりまして、
    詳しく見たい方はこちらのサイトへどうぞ。
    http://oscar.go.com/nominees

    この映画に携わって、
    たくさんの人に出会い、たくさんのことを経験し、たくさんのことを学びました。

    本当にすばらしい経験ができたと思います。
    アカデミー賞をとったからこの映画が優れているだとか、そういうことではなくて、
    一本一本の映画がたくさんの人の努力のもとに作り上げられていて、
    それがこうした形でより多くの人の目に触れるようになる、
    そのことがとても喜ばしいことだと思うのです。

    特にこの映画は私が生まれ育った日本を舞台にしているので、
    より感慨深く、作品に対するいろんな思いが詰まっています。

    これを機にこの映画がよりたくさんの人に見てもらえて、
    日本が今おかれている状況を世界中の人に知ってもらえれば
    それほど幸せなことはないな、と思います。

    このプロジェクト、そして私を支えてくれたひとたちに心からありがとう。

    このプロジェクトでは私はただのアシスタントエディターでしたが、メインのエディターとして活躍できるように、この先も精進していきます。


    追伸
    私はあくまでもアシスタントエディターなので、アカデミー賞には行けません。残念ながら。いずれエディターとして招待されるようになりたいです。

    Creating my own mind palace

    • 2012.01.13 Friday
    • 09:54
    生きているということ自体がもう既に
    終わることのない勉強な訳ですが、
    フィルム業界にいると
    日々の経験で学んでいるだけでは足りないことがたくさんある訳で。

    デジタルの技術がこの世界で受け入れられて以来、
    デジタルフォーマットというのは
    ネズミのごとく増え続けております。

    毎日のように新しいフォーマットが生み出され、
    そのほとんどが泡のごとく消えていく。

    アップルが開発して一躍
    「誰もがエディターになれる」
    という害を及ぼしたお手軽映像編集ソフトウェア
    ファイナルカットプロもその人生にもうすぐ幕を下ろすわけで、
    そうなってくるとアビッドがこの世界で返り咲き、
    プレミアプロやライトハウスはコバンザメのごとくアビッドの後を追うことでしょう。

    新しく開発されたデジタルフォーマットの99%が年内に消えるとはいえ、
    そのフォーマットを使ってプロダクションは進んでいく訳で。
    そうなってくるとこちらとしても一瞬で消え去る流れ星について満身創痍で学習しなければいけないわけです。

    そうして作品が出来上がり、数ヶ月後にはそのフォーマットはもう消え去っている。

    そして誰もがそんなフォーマットの存在を忘れた頃に、
    突如としてインデペンデント系のプロジェクトが持ち上がり、そのフォーマットがまた世に返り咲く。。。。

    人の脳というのはコンピューターでいうハードドライブと同じ。
    詰め込みすぎるとぶっ壊れる訳です。
    それを防ぐために、私の脳は一つのプロジェクトが終わるごとに
    必要のない情報を削除していく訳ですが、
    近年はうかつに削除もできない状態な訳でして。

    しかしすべての情報をそのまま脳内に残しておくと、
    新しい情報をしまう場所がなくなってしまう。

    どうしたもんかと悩んでいる時に
    耳にしたのがこの言葉
    mind palaceです。
    正確にはmethod of lociもしくはmemory palaceという記憶法のことで、
    脳内に家やビル、城など建物を想像し、
    その中に自分の記憶したい物をしまっていく、という
    ビジュアライゼーションとメモリーを同時に行うことによって
    セオリー的には
    「何も忘れなくなる」というもの。
    脳内の視覚と記憶を結びつけることによって情報をキープしておける、ということですね。

    自分の実際の記憶力やIQとは線を引くものなので、
    想像力と努力さえあれば「誰にでもできる」はずの記憶法です。

    つい先日それを始めてみたのですが、
    これが割と難しい。

    というのも、
    自分の脳内の部屋にしまうためには、一度情報を自分の中で整理して、
    それを部屋の中に持っていき、その部屋のどこにしまうかを自分で考えて、
    (その際もちろん視覚的に記憶するために、情報と何らかの関連性がある場所にその情報をしまわなければいけない)
    そしてしまう訳ですね。
    例えばレストランの電話番号であれば、
    脳内の「家」もしくは「城」のキッチンに持っていき、
    冷蔵庫の扉の右上に赤のマグネットで貼付ける。

    ここまでの作業を終えるのに
    少なくとも4ステップ必要な訳で、
    普通に記憶しようとするのに比べて作業が明らかに多い。

    まあだからこそ忘れなくなるということなんでしょうが。

    この記憶法によって私の中の
    mind palaceがどこまで完成するかわかりませんが、
    とりあえず今年の目標は
    「記憶の城の建設」ということになりました。

    もし次にあった時に私の記憶力が格段に上がっていたら、
    それは私が城を完成させたということなのであしからず。

    2012

    • 2012.01.03 Tuesday
    • 11:25
    あけましておめでとうございます。
    気がつけばいつの間にか2012年ということで、
    私の体感時間としては、
    2011年は2ヶ月ほどで終わったんですが、
    今年はどうなることやら。
    年末ぎりぎりまでてんやわんやしていたせいで、新年感が全くありません。
    アメリカは1月2日ですが、
    今日のお昼はピザでした。

    時が過ぎるのは本当にあっという間で、
    いつの間にやらアメリカに来てから7年も立つ訳ですが。
    日本、アメリカ、どこであろうと、
    私のことを支えてくれるすばらしい方々のおかげで毎日がこうしてある訳で。
    2012年は日々感謝を忘れずに、
    毎日を大切に過ごしていきたいと思っています。

    2011年は残念ながら毎年の目標:
    「100本以上映画を見る」
    を達成できず。
    91本で打ち止めになってしまいました。
    そんな91本の映画の中から私の2011年のトップ10だけ書いておこうと思います。

    10: Anonymous

    9: Attack the Block

    8: Submarine

    7: True Grit

    6: Beginners

    5: Bridesmaids

    4: Black Swan

    3: Hanna

    2: Warrior

    1: Tinker, Tailor, Soldier, Spy



    この中から何本の映画が日本で公開されるのかわかりませんが、
    公開される際にはぜひ見てみてください。

    今年もよろしくお願いいたします。

    UPDATE(アカデミー賞関連)

    • 2011.10.15 Saturday
    • 15:50
    私がなんかいろいろと関わった、
    東北の震災をテーマにした映画

    邦題「津波、そして桜」
    アメリカでのタイトル"The Tsunami and the Cherry Blossom"

    が2011年のアカデミー賞のセミファイナリストに選ばれました。
    情報はこちら
    http://www.oscars.org/press/pressreleases/2011/20111013a.html

    2012年の1月にファイナリストの発表となります。

    一つの映画が形になって、ファイナライズを経ていく過程に携われただけでも感慨深いのに、
    アカデミー賞のセミファイナリストとなると、
    さらに感慨深いですね。

    他のセミファイナリストの映画ももちろんすべてすばらしいことと思いますが、
    この映画は自分にとっても特別な意味のあるものなので、
    ぜひファイナリストまでのこって、あわよくば賞を取ってほしいものです。

    Please pray for us!!

    Consequences

    • 2011.10.08 Saturday
    • 14:02
     

    consequencesplural of con·se·quence (Noun)

    Noun:
    1. A result or effect of an action or condition.
    2. Importance or relevance: "the past is of no consequence".


    consequence
    1
     結果,なりゆき(⇔cause)
    2 (議論・推論の)結論;帰結,結着.
    3 [U]((形式))(事・人の社会的)重要性,重大さ(importance);尊大さ




    原因と結果

    誰もが一度は聞いたことのある言葉だと思いますが
    私にはどうしてもこのバランスがとれないことがいくつかある。


    そのうちのひとつは
    ガムを食べる、という行為。

    日常生活の中でガムをいつ食べたらいいのか、
    私にはいまいちわからない。

    というのも、
    「ガムを食べたい」という、
    ガムを食べる行為につながる原因となる欲求がほとんどわいてこないから。
    私がガムを食べるのは、基本的にはメキシカンとか、タイとか、イタリアンとか、香辛料やガーリックの入ったものを食べた後のみ。
    それも、「ガムを食べたい」という欲求が原因なのではなく
    「口臭を消したい」という欲求から。
    私の中で「口臭を消したい」というのはガムを食べる正しい理由とは認められない。
    だけど、「ガムを食べたい」という欲求が日常生活の中でほとんど出てこないので、鞄などに入っているガムを見るといつも「一体どのタイミングでガムを食べたらいいのか」を迷ってしまう。

    まあ食べなきゃいいじゃんって言われればそれまでなんですが、ガムというのは、基本的にかんだ後は捨てる、という何とも珍妙な食べ物で。
    おなかがすいたからといってガムを食べたところで満腹にはならないし、多少のカロリーを吸収はするものの、直接栄養にはならない訳で。

    私にとってみればガムというのはcauseがないからconsequenceにつながらない不思議なものなんですね。


    で、ガムと同じ理由で私が消費するタイミングをつかめないのが
    お酒。

    基本的に酔うという状態が好きではないので、
    「お酒を飲みたい」という欲求がわいてこない。
    でもこうやって大人になってみると、
    なんだかんだ言ってお酒は多少飲めた方が便利な訳で。
    じゃあちょっと訓練してみようかね、
    と思ったところで、
    「いつ訓練するの?」となってしまうわけ。

    なぜならいつ飲んだらいいのかタイミングがわからないから。

    レストランで誰かと食事中にワインを一杯飲むのはわかる。
    パーティーでカクテルを飲むのもわかる。
    友人とバーに行ってアルコールを頼むのもわかる。

    じゃあ自分一人の時は?
    訓練しようにも、「いつ飲むのがいいのか」がわからないので
    うちの冷蔵庫には私が訓練用に買ったビールがもう半年間も眠りっ放し。

    ガムに比べればお酒というのは体に取り込むものだし、
    「酔う」という化学反応が体内でおこるので多少のconsequencesがある訳ですね。
    だけれども酔うのが好きではない、なおかつ飲みたいという欲求がわかない私にとっては、causeがないわけで。

    原因があるから結果がある。
    どちらかだけが存在しても成り立たない訳で。

    子供の頃は
    お酒を飲んで楽しそうにしている大人たちを見ては
    「自分もこんな風にお酒を飲めるかっこいい大人になるんだ」と夢見ていた訳ですが、
    まだまだ先は長そうです。

    まずはcauseを見つけないと、
    冷蔵庫のビールが賞味期限切れになってしまう。。。。。



    土曜の夜に

    • 2011.10.02 Sunday
    • 17:21
     
    とうとうやってしまいました。
    禁断の
    土曜の夜に一人でハリウッドで映画。

    というのも
    先日見た映画"Warrior"が、
    私があり得ないぐらいTom Hardyが好きだということを差し置いても
    すばらしい出来だったから。

    残念ながら映画のテーマが一般受けしないのと、
    公開されたタイミングがあまり良くなかったせいでヒットはしなかったんですが、
    評価自体は非常にいいんですね。

    アルティメットファイティングを通して
    生き別れ二位なった2人の兄弟の再会と再生を描いたヒューマンドラマですが、
    荒削りな映像と編集が非常に私好みです。

    2週間ほど前に家の近くの映画館で見て、
    映画館からなくなる前にもう一度見たいと思っていたんですが、
    もうタイミング的に今日しか見れる日がなくて、
    調べてみたらハリウッドの映画館でしかやっていなかったので
    土曜の夜に一人でハリウッドで映画を見るはめになったのでした。

    映画が始まればたいしたことないけど、映画館出て駐車券を機械で前払いしているあたりがちょっとむなしかったです。

    平日一人で映画を見に行くのは当たり前だけど、
    週末にハリウッドって。。。。
    さすがの私もちょっと肩身が狭い。

    まあいいんですけど。

    なにはともあれWarrior、
    すばらしい映画です。
    日本での公開は未定のようなのですが、
    公開される際にはぜひ見に行っていただきたい。

    ちなみに主演の二人はこの映画のために
    体を作るのに、一日2500回腕立て伏せしたらしいです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    おじさんが時間を教えてくれるよ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM