スポンサーサイト

  • 2012.10.12 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    久しぶりに

    • 2010.10.10 Sunday
    • 19:19
     
    いっぱい泣いて

    すっきりしました



    さて

    再出発しますかね。

    一生の不覚

    • 2009.12.29 Tuesday
    • 19:57
     
    友人宅で
    あり得ないぐらいの勢いで
    机の角に膝をぶつけました。

    どのぐらいの勢いかっていうと、
    クラウチングスタートで
    走り始めた直後
    ぐらいの勢い。

    wiiのsuper marioに夢中になりすぎたばっかりに。。。。。
    家に帰ってみてみたら
    びっくりするぐらい腫れてました。

    しばらくうつぶせ寝は
    禁止。

    年の終わりに
    一生の不覚。

    ごめんな
    ひざこぞう。

    久しぶりの

    • 2009.12.07 Monday
    • 07:40
     
    ものすごく久しぶりに
    本気で風邪を引いております。
    いつもならかかりかけぐらいでなんとか止めてたんですが、
    今回は脅威の
    喉が痛くなったと思った夜のその翌朝には既に完全に風邪、
    という。
    もはや完敗です。

    精神力だけではどうにもならないこともあるもんですな。

    というわけで金曜からずっとお布団の中です。
    土曜に予定されてた撮影もパスして、
    ものすごく楽しみにしていたクリスマス映画
    The Imginarium of Dr. Parnassusの先行上映会もパス。

    なんてこったい。

    本格的に風邪を引くのはものすごく久しぶりなので、
    自分の声の出なさぶりとか、
    頭のぼーっとした感じとかに戸惑ってます。

    近くに住んでいる友人が食べ物とかかってきてくれたのでなんとか生きてますが、
    これほんと、
    都会で孤独死とか納得しちゃうよね。
    だって金曜に家にあった食べ物が
    チョコレートクッキーとレンジでチンするポップコーンだけだったから。
    運転なんてできる状態じゃないし、
    ピザしか配達頼める食べ物ないし。
    ほんと、友達ってありがたい。

    こんな本気の風邪引くの、たぶん大学受験のとき以来じゃないかなあ。
    ってことは7年ぶりか。
    そりゃあ関節の痛みにびびりもするわ。

    噂の豚インフルじゃないといいんですが。
    症状とか調べてみたらね、
    3つぐらい当てはまるのね。
    喉の痛み
    鼻水
    関節痛
    ね。
    でもどれも普通の風邪の症状でもあるわけで、
    ちょっと判断が微妙なところ。
    熱が出れば関節が痛くなるのも当たり前だしねー

    体温計が家にないので
    熱がどのくらいなのかはわかりませんが、
    知らない方が良いこともあるよね、気分的に。

    とりあえず明日までにはなんとしてでも直してやるぜ、
    という心意気とともに、
    今日もベッドの中でぐだぐだします。

    みなさんも風邪にはくれぐれもお気をつけあれ。

    なんぼのもんじゃい

    • 2009.04.24 Friday
    • 14:35
    アメリカにやって来て早4年あまり、
    勢いをまして私のメンタル面がタフになっていることは周知の通りですが、
    今日は自分で自分のタフさに思わず笑ってしまいました。

    というのもね、
    インターンの帰りにフリーウェイの出口で車が止まりましてね。
    本当に突然に。
    奇跡はいつも突然に。
    そんな歌あったっけ?

    何が原因か分かりませんが、とにかく止まったわけですよ。
    もう本当に冬眠状態。
    うんともすんともいわないの。
    時刻は6時、
    ラッシュアワーのど真ん中。

    後ろにはフリーウェイをおりたい車が長蛇の列。

    というわけで私、




    ギアをニュートラルに入れて一人で車を押しました。


    運悪く人通りは一切なし。
    フリーウェイの出口を止めるわけにはいかない。
    じゃあ押すっきゃないでしょ。

    といったわけで一人で道ばたで車を押すという、
    ものすごい安いティーンエイジャーのロードムービー的な展開に
    車を押しながら一人で爆笑してしまいました。


    その後はトリプルAに電話して車を引っ張ってもらい、
    家に着いたところでエンジンかけてみたらかかりやがんの。

    相当性格悪いよね、私の車。
    まあ持ち主に似るから仕方ないか。

    まあその後は何事もなかったかのように普通にクラスにいって、
    今も普通になんか仕事してます。

    これでいいのか、
    自分。

    今この瞬間

    • 2009.04.18 Saturday
    • 19:07
    今現在夜中の3時なんですが

    何を思ったか

    隣の住人が

    趣味の悪いテクノミュージックをがんがんに聴いてる。


    許されない。


    テクノはいいけど

    がんがんに聞くのもいいけど

    趣味が悪いのだけは許されない。


    白人の、ちょっとヒップホップ的な見た目の、いつも白いタンクトップで歩き回っている、

    パグを飼っている男性です。

    見た目ヒップホップなんだからヒップホップ聞けよな。



    避けられないことは避けられない。

    大切なのはそこで自分の心が折れないようにすること。

    あきらめよりも、

    不屈の精神を。

    絶望よりも

    希望を。

    遠い将来よりも

    近い未来を。

    立ち止まってしまうんじゃなく

    這いつくばってでも進もうとする精神を

    30歳までに手に入れられますように。


    てこれ、誰の影響を受けてこんなブログ書いてんだろ。


    趣味の悪いテクノのビートを聞きながら寝ます。



    3.5連敗

    • 2009.04.01 Wednesday
    • 17:44
     
    日本の皆さん、エイプリルフールですよ。
    誰かをだましたりだまされたりしましたか?


    今日は寝坊をして朝食抜きだったんですが、
    ちょっとだけフリーウェイがすいてて早めにインターン先についたので
    近くのカフェで朝食を買うことにしまして。

    そこですごくおいしそうなクロワッサンサンドを見かけたわけです。
    だがしかし、中身はベーコン、トマト、そしてスクランブルエッグ。。。。

    私の宿敵卵!

    ここは勝負を挑んでみるしかない!

    買ってみました。




    大敗です。

    半分も食べれず。

    卵、強し!



    その後とあるゲットーな雰囲気漂うマーケットにて
    メキシカン経営のナッツ専門店を発見。

    メキシカンな店員が売る
    "Chile Lemon"なるナッツが目に飛び込んできました。

    日頃から常人なら手を出さない色のお菓子を平気で食べる私。

    卵での負けをここで取り返すしかない!

    買ってみました。



    連敗です。

    辛すぎた。

    メキシカン、強し!



    その後友人とともにCOSTCOへ。
    買い物の後にCOSTCOのフードコートで食事をすることに。

    卵のダメージによって昼食を食べていなかったのでかなりおなかがすいていた私。
    ここはがっつりアメリカンなピザを食べようじゃないか!

    巨大プラスたぐいまれなる油の使用量で有名なCOSTCOのピザ。

    これを食べきって連敗を食い止めてみせる!



    三連敗です。

    油っぽすぎた。

    半分でダウン。

    ついでに買ったソフトクリームさえも半分残す始末。


    アメリカの食に慣れなければこの連敗を止めることはできません。
    もっと訓練せねば!
    しかし、訓練をしてアメリカの食生活に対応できるようになればなるほど体脂肪が増え、人として負けてしまうのではないかと思ったら

    別に負けてもいいやと思うようになりました。

    さらば卵。

    どしゃぶり

    • 2007.12.28 Friday
    • 17:45


      年末です。
      事件です。

      昨晩夜中の二時頃。
      雨が降り出した音がする。


      室内で。


      特に風呂場の方で。


      もそもそと起き上がって音のする方に行ってみると、どしゃぶりです。
      風呂場が。
      
      どうやら風呂場の天井付近に入道雲が発生した様子。

      
      嘘です。
      すいません。


      換気扇のところからじゃばじゃば水が漏れてきてます。
      
      こ…
      これが噂の…


      水漏れ!!!


      という訳でその時の映像を上に載せておきました。
      寝ぼけ眼でなぜ私はムービーを撮ったのか…

      謎です。
      フィルム根性でしょうか。

      まあとにかくですね、二階の人がシャワーを浴びている間中うちの風呂場は雨降りさんだったわけでありまして。じゃばじゃばうるせーから眠れないのなんの。

      朝いちで管理人に電話して、一応なおったはずなんですが、しばらく要注意ですな。
      年末ってこういう事件が起こるから忙しいのよね〜
      
      師走師走!!

    bye bye my fuckin' march

    • 2007.03.31 Saturday
    • 15:06


      というわけでお久しぶりです、みなさま。
      みやざきみきでございます。
      やっとのことで仮想現実の世界に戻って参りました。

      いやはや、三月は本当に怒濤の月でございました。
      平均睡眠時間が毎日2〜3時間。
      
      何をしていたかと申しますと、ポートフォリオなるものに取り組んでおりました。
      現在私はpre-CTVAというメジャーにおりまして、これはいわばフィルムメジャーの予備軍。入るためには審査を通らないといけないんですね。
      この審査、基本は書類で、エッセイ、ショートアンサーセクション、成績表、そして最後にフォトストーリーなるものがついております。写真12枚以内でストーリーを伝えるというものですね。
      
      まあ実際はこっちに戻ってきてすぐにポートフォリオに取り組み始めていたんですが、当然ほかの授業からの課題も山積みでありまして、なかなか思うようにはかどらない。それに加えて、今月は本当にいろいろあった。

      *例のフィルムプロジェクト。アメリカ人たちとやってるやつ。撮影がはかどらないだけならまだしも、ひとり$25ずつ出し合うはずの予算、5人中2人しか出してません。もちろんそのうちの一人は私。
      撮影当日は当日で、カメラマンになりたがってるくせにカメラの使い方を知らない男、スレート(カメラの前で「カチン」てやるやつね)の書き方も知らない男、そして単純に何も知らない男、早朝からの撮影だったため寝坊して現場にやってこない男。
      俳優は俳優で男優の方がもう大根もいいところ。
      緊張しすぎて呂律は回らないは棒立ちだわ台詞とぶわどうにもならず。女優の方は男優のあまりの役立たずぶりに機嫌を損ね、もちろんそれをなだめるのは私の仕事。
      グループメンバーを怒鳴る、怒る、叫ぶ、まくしたてる。
      女優をほめる、ジュースを入れる、食べ物を渡す、機嫌を取る。

      で、結局男優の方の演技がひどすぎるから来週撮影し直しです。

      *ポートフォリオ。エッセイやなんかは大丈夫だったんですが、問題はフォトストーリー。わざわざ友人2人にモデルになってもらって撮影したのにカメラのライトメーターが壊れてて、$160も払って現像したのにほとんど何も写っていない。翌週末また撮影し直し。新たに現像料$130。

      *風邪。慢性的な睡眠不足で抵抗力が落ちていたせいかアメリカに来て初めて風邪を引く。でも寝る暇はない。おかげさまでここ3週間ずっと風邪です。ありがとう、季節の変わり目。

      *そして最後の最後につい三日ほど前。買ってまだ7ヶ月のMacが壊れる。ハードドライブが吹っ飛んでデータ大破。フォトストーリーのデータからエッセイ、ヒストリーのクラスのペーパーまですべてにさよなら。ありがとう、fuckin Mac. I love you from whole my heart.

      *そんなときに限って新しいルームメイトが入ってくる。まさしくMacが壊れたその日。韓国人のおばちゃん。英語ほぼしゃべれず、Mac破壊のショックで自分の精神まで壊れそうなそんな時に身振り手振りでおばちゃんと会話。This is something international, hell ya.

      まあね、正直言ってのろわれてますよ、ええ。心配した友達がお守りとか送ってくれましたよ。前厄とかそんなんじゃないの。まじでやべえの。ってかやばかったの。
      とりあえず今はポートフォリオもほぼ終わり、あとはフォトストーリーに添付しなければいけないショートセンテンスを友人にチェックしてもらい、今度の月曜に提出してすべては終わりです。
      本当に長かった。。。。。。

      受かるかどうかなんてわかんないけどそんなものどうでもいいんだ。合格率は1/5なんだけど、そんなのもういいんだ。落ちたら落ちたで道はあるし、なんだかんだいって今月を乗り切ったということが自分の中ですごいことだったと思う。

      正直何回も日本に帰ろうと思ったし、(ここに書いたこと以外にもいろんなことが起こってたんですよ)精神的なプレッシャーだとかそんなものも強かったし、自分を取り囲んでいるすべての状況が私にポートフォリオの提出をやめろといっているような感じだったけれども、周りにいた友人たちに支えられて、家族に支えられてとりあえず立ち直りました。ありがとう。

      今月は本当に人生で初めてこんなに長い間落ち込んでいたというか、精神的に非常に暗かったなあと今になって思い返してみたり。
      マジでこんなに長い間精神的にやられてたことないよ。
      ほぼ丸一ヶ月だもの。

      いろんなことがありすぎてもうすでに思い出せないこととかいっぱいあるし。でも人間それでいいんだろうなあと思うよ。いろんなことを忘れられるから新しいことができるんだよなあ。

    Bye bye my fuckin' March.
    You taught me so many things I didn't wanna know and I had to know.
    You are totally suck, cruel, harsh, mean, and something really shit, but you made me tougher.
    I really have to thank my family and friends for supporting and helping me climb up from the bottom.
    I went beyond something in me, probably a limit.
    You made me hate myself, you made me love myself.
    Self realization.
    I thought about myself deeply. About my future, about my past.
    Yeah, maybe I should thank you too, 2007 March.
    But I do never ever wanna meet you again, you fuckin' March.

    a stranger in my room

    • 2006.11.30 Thursday
    • 18:57


      というわけで、今日の朝突然寮のオッフィサーから電話がありまして、「今日から四日間だけルームメイトがきます」とのこと。中国人の女の子、英語は全く話せないらしい。

      ほほう。

      四日間だけですか。
      これはまた奇妙なことですねえ。

      なんてことは知ったこっちゃない。ルームメイトがいようがいまいが私の生活は私の生活な訳ですから。


      しかしまあ、何とも奇妙な。

      友人と夕食をとって帰ってきてみると、そこには中国人のおばさまがお一人。全く英語が話せないご様子。ふむ、きっと四日間だけのルームメイトのお母様に違いない。けれども娘本人の姿が見えないのはなぜなのか。
      とにもかくにも友人に電話をして中国人の生徒を数人連れてきてもらい、通訳をしてもらうことにしました。

      そして中国人の個たちに通訳をしてもらって分かったことと言えば…

      1:このおばさまは中国の学校の先生である
      2:英語が全く話せない
      3:カリフォルニアの気候に憤慨している
      4:中国からやってきた生徒の付き添いをしている
      5:私の四日間だけのルームメイトである

      …おいおいおいおいおいおい!!

      ルームメイトってこのおばちゃん?!
      いや、文句とかそういうことじゃなくって、女の子ってオフィサー言ってたじゃん?!
      いや、そりゃあ女の子には変わりないけども…

      うーん。

      まあいいんですけど。びっくりしたよ。普通に誰かのお母さんだと思ってたよ。ごめんね、先生。

      コミュニケーションがとれないってのはそれなりにつらいものではありますが、でもなんだかわくわくします。
      漢字でなんか書いて教えてみたり、だいぶ前に習ってた中国語を思い出してみたり。

      未知の世界ってのは常に面白いものです。

      アメリカに来て、新しいこと、自分の知らないことに挑戦するワクワクやドキドキを知ったなあ、としみじみ思う今日この頃。
      ここ最近起こっている新しいことたちが、大変なことではあるのだけれども楽しくて仕方がないのです。
      来学期になったら正式にフィルムメジャーに入るための試験があったりするんですけど、それもなんだか、不安よりも楽しさが勝ってニヤニヤしてしまう。

      新しいこと=不安
      ではなくて
      新しいこと=楽しみ
      に少しずつ変わってきている、そんなアメリカ新生活二ヶ月目でした。

    危険!要注意!

    • 2006.09.19 Tuesday
    • 15:46




    勉強の合間に

    休憩がてら棚の中片付けてて

    こっちに来てから親や友達が送ってくれた手紙を読んでたら

    最高にホームシック!!!

    超日本帰りてえ!

    手紙、危険!!

    そんな一人暮らし。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    おじさんが時間を教えてくれるよ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM